山形市/相続/遺言/会社設立のことなら石沢司法書士事務所へ

 

< 当事務所をご利用いただいたお客様へ >

 

 

2004年に不動産登記法が改正され、以前は、登記が完了すると登記済証(いわゆる「権利証」)が交付されていましたが、この制度がなくなりました。
では、何が「権利証」の代わりになるのでしょうか?
現在は、登記済証の代わりに登記識別情報が通知されてます。
登記識別情報とは、登記名義人が登記を申請する場合、
当該登記名義人自らが当該登記を申請していることを確認するための情報であり、登記所から通知される12桁の英数字からなるパスワードです。 つまり、クレジットカードの「暗証番号」と同じようなものです。
改正の目的は、インターネット経由での登記申請を可能にし、登記事務の簡素化、効率化する点にあります。

 

今後は、「この番号を知っていること=不動産の権利者」と判断されます。
要するにこの登記識別情報で登記名義人を識別しようとする訳です。

 

登記識別情報は、「登記識別情報通知の紙」自体が重要なのではなく、隠された12桁の英数字が「暗証番号」と同じ役割を果たしますので、必要になる時までは、開かないことをおすすめいたします。
開けるなと言われると、開けたくなるのが世の常ですので、簡単にとのようなものか、ご説明します。
次のような登記識別情報通知という書面が法務局から発行され、皆様のお手元に届いていると思います。

 

 

山形市/相続/遺言/会社設立のことなら石沢司法書士事務所
※この画像は加工しております。

 

下部分の切り取り線に従って開くと「登記識別情報」が表れるという仕組みです。

 

山形市/相続/遺言/会社設立のことなら石沢司法書士事務所
※この画像は加工しております。

 

 

 

登記識別情報は、必要となる時がくるまでは、開かないことをおすすめいたします。
また、無くしてしまったとしても再発行されませんので、大切に保管しましょう。

 

最後に当事務所で扱う他の業務をご紹介いたします。(他の業務はこちら)

 

当事務所をご利用いただきありがとうございました。

 

 

 

<< 当事務所の主な業務のご紹介 >>

下記をクリックしていただくと、ページに移動します。

 
 
  相続の手続きでお悩みの方へ(相続手続きの流れの説明)

 


  遺言書作成のサポート(相続の準備と対策)

 


  相続放棄をお考えの方へ(遺産より相続する借金が多い)

 


  行方知れずの相続人がいる方へ(不在者財産管理人選任・失踪宣告の手続き)

 


  不動産の生前贈与をお考えの方へ(贈与の登記)

 


  住宅ローンを完済された方へ(抵当権抹消の登記)

 


  会社の設立をお考えの方へ(定款認証と会社設立登記

 

 

山形市城西町4丁目20-31 船山ビル中央2F西
司法書士  石 沢 光 康   
TEL 023‐666‐6540     
FAX 023‐666‐6541