山形市/相続/遺言/会社設立のことなら石沢司法書士事務所へ

 

< 相続放棄をお考えの方へ >

 

相続放棄については、民法915条1項と相続放棄の方式については、民法938条で規定されています。
わかりやすく説明すると、「人が亡くなった後に、自分が相続人になると知ってから3か月以内に、その亡くなった方の遺産を受け継ぐか、相続放棄するかを決めてくださいね。相続放棄する場合は、その3ヶ月以内に家庭裁判所で手続きしましょうね。」というルールです。
相続放棄した場合は、遺産を受け継がないことになる訳ですので、一切、被相続人(亡くなった方)の遺産に手を付けてはいけません。
当事務所では、家庭裁判所に提出する相続放棄の書類作成を行います。
 
相続放棄の流れは次のとおりです。

 

1 相続放棄の検討
 プラスの財産より、マイナスの財産の金額の方が明らかに多額であることが見込まれる場合

 

例えば・・・
遺産の相続は、被相続人(亡くなった方)のプラスの財産のだけではなく、マイナスの財産(借金)も受け継ぐことになりますので、遺産に、多額の借金があって、遺産を受け継ぐと自分が多額の借金を背負ってしまうケースです。

 

 お金の問題よりも相続の争いに巻き込まれたくないという相続人の希望がある場合

 

例えば・・
「親族間で遺産相続で揉め事になっていたり」、「早くに親がなくなり、突然一度も会ったことのない叔父さんの相続人との通知が来たが、その叔父さんのこれまで、どのように生きてきたのか分からない。不透明な相続手続きに巻き込まれたくない。」などの悩みから開放されたいケースです。

 

 

2 相続放棄の手続き
原則として、自分が、被相続人(亡くなった方)の相続人であるということを知った時から3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄申述書を提出することになります。
これが正式に受理されると、相続放棄申述受理通知書が送られてきます。
これによって、相続放棄をした相続人は、初めから相続人ではなかったことになりますので、基本的には相続に関する法的な問題からは解放されることになります。

 

 

3 相続の放棄の例外的な期限の延長
亡くなった方(被相続人)の相続財産の状況を十分に調査できず、この3ヶ月以内に相続放棄をしようか迷い、決定をすることができない場合には、一定の要件を満たし、家庭裁判所に申立することにより,この3ヶ月の期間を伸長することができます。

 

 

4 よくある間違いや注意点
 遺産分割協議中で、「相続を放棄する」や「遺産は受け継がない」と書面にしたり、もしくは、口頭で合意をしたとしても、法律上の相続放棄は、認められません。相続の放棄は、あくまでも、「裁判所」に認めてもらう必要があるということになります。

 

 2点目として、最初に確認をしたとおり、相続放棄は、「自己のために相続の開始(被相続人の死亡)があったことを知った時から3ヶ月以内に」に手続きをすることができます。つまり、相続の開始があったことを知る前に、この制度を利用することはできません。すなわち、相続が開始する前の相続放棄は認められておりません。

 

 そして、3点目として、原則として、3ヶ月以内に、相続の放棄をしないことは、相続の放棄をしなかったとみなされると民法に定めがあります。3ヶ月という時間には十分にご留意をください。また、それ以外にも、放棄を検討している人が相続財産を処分した、隠匿したというようなケースでは相続放棄をしないとしたものとみなすこととされておりますので、ご留意をください。

 

 

まとめ
相続の放棄は、まず、放棄するのか、しないのか。その判断をするためには、相続財産がいくらあるかを把握することが大切となります。相続放棄は基本的に3ヶ月以内に、手続きが必要になりますので、相続放棄を検討している場合には、早めの相談をオススメしております。

 

 

 

< 当事務所の業務のご紹介 >

下記をクリックしていただくと、ページに移動します。

 
 
  相続の手続きでお悩みの方へ(相続手続きの流れの説明)

 


  遺言書作成のサポート(相続の準備と対策)

 


  相続放棄をお考えの方へ(遺産より相続する借金が多い)

 


  行方知れずの相続人がいる方へ(不在者財産管理人選任・失踪宣告の手続き)

 


  不動産の生前贈与をお考えの方へ(贈与の登記)

 


  住宅ローンを完済された方へ(抵当権抹消の登記)

 


  会社の設立をお考えの方へ(定款認証と会社設立登記

 

 

山形市城西町4丁目20-31 船山ビル中央2F西
司法書士  石 沢 光 康   
TEL 023‐666‐6540     
FAX 023‐666‐6541